レチノール配合スキンケア用品・パッチテストの注意点

reaf パッチテストの必要性

レチノール配合のスキンケア用品をはじめて使う前に、絶対にやっておくべきことと言えば「パッチテスト」です。

「これまで、いろんなスキンケア用品をパッチテストなしで使ってきたけど、肌トラブルなんて起こったことがないから大丈夫」と、パッチテストを省略したがる人も居るでしょうが、レチノール配合スキンケア用品を使うにあたっては、このプロセスを省略するのは絶対にダメですよ。

なぜならレチノールは肌刺激が強い成分ですので、「他のスキンケア成分に比べると、肌トラブルを招くリスクが高い」と言わざるを得ないからです。

ですから、たとえどんな肌質の人であっても、安全性を確認するため、パッチテストをしておくことは必須なのです。

reaf パッチテストのやり方

では、レチノール配合スキンケア用品のパッチテストはどうやればいいのかというと・・・

まずは、一般的なスキンケア用品のパッチテストと同様に、「二の腕など、目立たないところにつけて24時間以上様子を見る」というのが基本ですが、これで終わらせてはいけません。

なぜなら・・・レチノール配合スキンケア用品を使った人の中には、「パッチテストでは問題がなかったのに、いざ顔に使うと肌がヒリヒリした」などという状態になった人も居るからなんですよ。

二の腕でのパッチテストが終わったら、「首」「顔」の順で、パッチテストを繰り返してみて下さい。

もちろん、首や顔のパッチテストにおいても、24時間以上様子を見ることは必須です。

reaf パッチテストでの確認項目

パッチテストをしたら、皮膚に以下のような症状がでていないかどうかをしっかり確認しておきましょう。

  • ヒリヒリとした痛みはないか。
  • 強いかゆみは出ていないか。
  • 皮膚に赤みの症状が出ていないか。

これらの3つの症状のうち、ひとつでも当てはまる症状が出た場合は、レチノール配合のスキンケア用品の使用には少し慎重になったほうがいいでしょう。

さらなるパッチテストを何度か繰り返し、「肌がレチノールに慣れて落ち着きそうかどうか」を見ていくことをおすすめします。

もちろん、「繰り返しパッチテストをしても、肌トラブルが起こり続ける」というような場合は、レチノール配合のスキンケア用品の使用をやめるのが正解です。

--------

reaf レチノール化粧品はなぜ効果を発揮しないのか?

99%の化粧品は、お肌に浸透していません。もちろん、レチノールも皮脂にブロックされてお肌の真皮層にはほとんど届いていないのです。

ただ一つ、国際特許の「浸透テクノロジー」を採用したb.glen社の「QuSomeレチノA」などの製品はレチノールなどの有効成分がお肌の真皮層に届き効果を発揮します。

>> 詳しくはこちら